マカオではWiFiは必要なの?空港でレンタルできる?

マカオではWiFiは必要?

iPhoneやスマホは手放せないアイテムですが、海外に行く時ももちろんスマホは必須アイテム。海外でもサクサクネットをするためにも、海外旅行へ行く時は連絡手段・通信手段としてネット環境が整っているのかが気になりますよね。旅行前に話題になるWiFi、マカオへ旅行に行く際にはポケットWiFiは必要でしょうか?
「マカオでそこまでWiFi使うかよくわからないし、現地に着いてから考えたらいいか」と思いながら渡航する人も多いですが、実際マカオについて空港などで簡単にWiFiをレンタルできるのかは非常に気になりますよね。
しかも、マカオは歴史地区の世界遺産はじめ様々なインスタ映えスポットだらけ!マカオに着いた瞬間からでもサクサクSNSに写真をアップしたいところです。

そんな時、ポケットWiFiがあればSNSに写真をアップする事ができるし、一緒に旅行に行く人や日本にいる家族や友人といつでも連絡を取る事ができるからWiFiは絶対必要です。そこでマカオではインターネットがどのような通信状況なのかを調査しましたので、マカオへ行かれる際は是非参考にして下さいね。

マカオのインターネット事情

年間2,800万人が観光に訪れるマカオでは、インターネット環境も年々進化しています。マカオ政府も観光客へのWiFiサービスを提供するなど、通信環境の充実さを世界へ向けてアピールしています。さすがアジア有数の観光都市マカオです。

マカオでフリーwifiは使える?

マカオでは政府が提供しているフリーWiFiが使えます。マカオ市民や観光客を対象にフリーWiFiスポットであるWiFiGoを提供しています。WiFiGoはIEEE802.11b/gをサポートしてます。

◆WiFiGoの接続方法
WiFiGoのエリアに行ってスマホなどのWiFi設定画面を開く
接続可能なネットワークが出てくるので、wifigoを選択
Safariなどのブラウザを立ち上げると、使用規則や免責事項が出てくるので同意

WiFiGoの使用時間はam8:00〜翌am1:00までです。営業時間が決まっている店舗では店舗の営業時間に準じていますので、使用時間に注意して下さい。制限時間もあり1回の接続時間は45分です。45分経過すると自動で切断されます。
WiFiGoは最大で下り3Mbps、上り512Kbpsですが常時混雑しているので、エリアや混雑具合によっては接続速度が遅くなったり接続出来ない場合もあります。

マカオはフリーwifiスポットが多い?

マカオにあるフリーWiFiスポットが多いです。マカオ半島、タイパ島、コタイ地区など200箇所以上のWiFiスポットWiFiGOがあります。WiFiGOはマカオ政府関連施設や、セナド広場、聖ポール天主堂跡などの観光地にも提供されています。

マカオのホテルではフリーwifiは使える?

マカオのホテルでは、いわゆる一流ホテルであればフリーWiFiが完備されていますが、グレードが低いホテルやマイナーなホテルではフリーWiFiは期待出来ません。
またホテルによっては、フリーWiFi完備と書かれていてもロビーのみフリーWiFiで客室は有料WiFiの場合もあります。事前にホテルのサイトや口コミサイトで確認しておきましょう。

マカオのカフェやレストランではフリーwifiは使える?

マカオのカフェやレストランでは、WiFiGoに加えて独自のフリーWiFiを提供しています。世界中どこでもスタバはフリーWiFiスポットですが、マカオのスタバは30分しか使えません。
ショッピングモールのカフェやレストランでもフリーWiFiが提供されています。しかし混雑具合によってはうまく接続出来なかったり回線が途切れたりします。
コタイ地区の総合リゾートでは、フリーWiFiの使用は制限時間がある所が多く、一定時間経過すると自動で切断されます。
フリーWiFiは無料ですが、急ぎの連絡をしている時などでも急に回線が切れてしまいますので不便な面もあります。

マカオの空港やフェリーターミナルではフリーwifiは使える?

マカオへ行く時は、マカオ国際空港、マカオフェリーターミナル、タイパ臨時フェリーターミナルを利用することが多いです。いずれもフリーWiFi使用できます。
マカオ国際空港ではWiFiGOの他にAirport-Free-WiFiがあります。セキュリティ接続したい場合はID、パスワードにmiaと入力して繋ぎます。
いずれの場所でもフリーWiFiには1時間の制限時間があり、時間経過すると自動で切断されます。

マカオのフリーwifiは安全なの?

フリーWiFiが充実しているマカオですが、フリーWiFiは安全かどうか気になりますよね。誰でも接続することが出来るフリーWiFiは、その分セキュリティが緩くなっていますので100%信頼はできないでしょう。ハッカーからすればWiFi暗号プログラムのWPA2を使っていても簡単にハッキング出来るので、フリーWiFi使用時にハッキングする事くらいたやすいでしょう。
空港などでWiFiの電波を拾おうとした時、危険なWiFiが現れることがあります。ハッカーが偽装したWiFiアクセスポイントを飛ばしている場合もありますので、公式のWiFiGOや店舗のフリーWiFi以外には繋がないようにしましょう。
海外旅行ではネットバンクやクレカ会社にアクセスする機会も多いですが、ネットバンクのパスワードなど簡単にハッキングされるだけでなく、一旦スマホをハッキングされると、これまでの通販のクレジットカード情報やSNSのパスワードなども全て漏洩してしまいます。フリーWiFiを使用すると、あなたの全ての個人情報がハッキングされてしまうリスクもあるのです。
◆フリーWiFi使用時の注意点
ハッキングの可能性があるので長時間利用しない
個人情報・重要情報などは送信しない
クレカサイトやネットバンクにログインしない

フリーWiFiを利用する場合は、リスクも考え自己責任で使用しましょう。

マカオのフリーwifiの速度は速い?

マカオはフリーWiFiが充実しているように感じますが、速度は遅いです。フリーWiFiは無料な分アクセスも集中しやすく、通信が不安定になったり途切れてしまう事も多いです。

マカオのWiFiGOよりもホテルがまだマシな方という意見は多いですが、ホテルも部屋によってはWiFiが繋がりません。フリーWiFiだとどうしても安定したネット環境は難しいです。

ホテルで提供されているフリーWiFiは、繋がっても遅い事が多いです。夜ホテルの部屋からSNSの更新や、日本の家族と連絡を取ろうとしても上手くいかない場合、かなりストレスになりますよね。

マカオの空港でwifiはレンタルできる?

マカオに到着してから、フリーWiFiの混雑具合に困ってWiFiをレンタルしようと思えば出来ますが、現地で借りるのは言葉の壁もありハードルが高いかも…。
マカオでは主に中国語、お店の人は英語も使えると言いますが、いざ行ってみるとそこまで英語が通じないという印象です。マカオの英語も訛りがあり、日本人が使う英語もおぼつかなければ意思の疎通は難しいです。
その上WiFiに詳しくない人だと、レンタルするのも一苦労でしょうし、なんとか借りることが出来ても上手く接続出来ない場合とても困ります。マカオに滞在中ずっとネットが出来ないなんてことになると恐ろしいですよね…
現地でWiFiをレンタルするのはオススメしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です