北京(中国)ではWiFiは必要なの?空港でレンタルできる?

北京ではWiFiは必要?

今やiPhoneやスマホは手放せないアイテムですが、海外に行く時もスマホは必須アイテムです。さて海外旅行へ行く時は、連絡手段・通信手段としてネット環境が整っているのかが気になりますよね。旅行前にも話題になるポケットWiFiですが、北京へ旅行に行く際にはWiFiは必要でしょうか?
「そこまでWiFi使うかよくわからないし、北京に着いてから考えたらいいか」と思いながら渡航する人も多いですが、実際現地について空港などで簡単にWiFiをレンタルできるのかは非常に気になりますよね。
しかも、北京は歴史的建造物や世界遺産など様々なインスタ映えスポットだらけ!北京に到着したらすぐサクサクSNSに写真をアップしたいところです。

そんな時、ポケットWiFiがあればSNSに写真をアップする事ができるし、一緒に旅行に行く人や日本にいる家族や友人といつでも連絡を取る事ができるからWiFiは絶対必要です。そこで北京ではインターネットがどのような通信状況なのかを調査しましたので、北京へ行かれる際は是非参考にして下さいね。

北京のインターネット事情

中国では政府によるインターネット規制があり、 TwitterやfacebookなどのSNSやラインは使えません。GmailやGoogleマップやGoogleカレンダーなどのGoogle関連も使えません中国のインターネット規制はとても厳しく、フリーWiFiであろうとなかろうと規制でSNS等が使えないのです。Google以外のYahoo!などのサービスは使えますが、仕事でGoogleカレンダーを使っている人などはアウトですよね。
これを回避するにはVPNを繋げるか、VPNつきWiFiを借りることで解決します。
そんな中、中国の首都、北京のインターネット事情は上海よりも発展していないのが現状です。
中国は通信関連は全て国の政府が管理しているので、メール連絡などで政治的な内容の文章を送信するのは避けた方が良いです。

北京でフリーwifiは使える?

北京ではフリーWiFiが使えます。でも多くの中国のフリーWiFiは、パスワードを中国内で使える携帯電話番号のSNS認証で受け取らなければ使えないフリーWiFiが多く、外国人観光客は使いづらいフリーWiFiなのです。
電話会社が飛ばしているフリーWiFiもいくつか飛んでいますが、どれが安全なのかは正直判断しづらいかも。

北京はフリーwifiスポットが多い?

北京ではフリーWiFiスポットが多いですが、SNS認証が必要なWiFiもあるため、外国人観光客が気楽に使えるフリーWiFiスポットとは言えないです。
外国人観光客は、個人経営のお店やショッピングモールのフリーWiFiを使ってネットをすることが多いです。港式と呼ばれる香港のカフェなどではSNS認証無しのフリーWiFiが提供されているので探してみましょう。

北京のホテルではフリーwifiは使える?

北京のホテルは、日本人がよく利用する五つ星ホテルであればフリーWiFiが完備されているところが多いです。ロビーなどの公共スペースは、ホテル利用者じゃなくても使えるので、町歩きをしていてWiFiに困ったらホテルに入るのもオススメ。
ただしホテルによっては、サイトにフリーWiFi完備と書かれていてもロビーのみフリーWiFiで客室は有料WiFiの所もあります。ホテルの公式サイトや口コミなどで事前にホテルのWiFi環境について確認しておく方が良いです。

北京のカフェやレストランではフリーwifiは使える?

北京のカフェやレストランでもフリーWiFiは使えます。ただしスタバやマックはフリーWiFiのパスワードを入手するのにSNS認証をしなければならない所もあり、その場合中国で使える電話番号が必要になります。
SNS認証がいらないフリーWiFiが使えるカフェは、コーヒービーンやwagas、コスタコーヒー、ジャマイカブルーなどです。オーダー後に店員にパスワードを尋ねてみましょう。個人経営のカフェなどでは、パスワード不要でフリーWiFiが使える所もあります。

北京の空港やバス停ではフリーwifiは使える?

北京の北京首都国際空港、上海浦東国際空港、上海虹橋国際空港、杭州蕭山国際空港、福州長楽国際空港ではフリーWiFiが使えます。
フリーWiFiの接続にはIDとパスワードを取得します。パスポートを持参してCustomer Service Center(有人カウンター)か、無人のパスワード発券機で発行します。だたしどちらも混雑しており、乗り換えや移動などで空港滞在時間が短い人には発行までに時間がかかり過ぎてしまうので実質使えないWiFiです。
上手くIDとパスワードを取得できたら、空港内でWiFi設定画面を開きAirport WIFI Freeを選択します。
北京の五環路内のほぼすべての路線をカバーしている路線バス300路では、およそ20000台のバスでフリーWiFiが利用出来ます。フリーWi-Fiが利用できるバスでは、フリーWiFiアプリである16WiFiをインストール起動するだけでシステムが自動的に認証を行い接続してくれます。バス停でもフリーWiFiが切れることはありません。

北京のフリーwifiは安全なの?

北京でのフリーWiFiは安全かどうか気になるところですが、フリーWiFiはセキュリティも緩く誰でも接続することが出来るWiFiですので、どんな人がアクセスしているかわかりません。
空港などでWiFiの電波を拾おうとした時、ハッカーが飛ばしている危険なWiFiが現れることがあります。身元不明のWiFiには接続しないようにしましょう。
海外旅行では何かとネットバンクやクレカサイトにアクセスする機会も多いですが、ネットバンクのパスワードなど簡単にハッキングされてしまいます。一度ハッキングされてしまうと、その後もずっとスマホを監視されることになり、通販のクレジットカード情報やSNSのパスワードなども全て漏洩してしまうので、あなたの全ての個人情報がハッキングされてしまうことになります。
フリーWiFiはこういったリスクもあることを理解し、自己責任の上で使用します。フリーWiFiの長時間利用することや重要情報などは送信しない方が良いでしょう。

北京のフリーwifiの速度は早い?

北京のフリーWiFiの速度は遅いです。北京はSNS認証無しで使えるフリーWiFiスポットがあると人が集中してしまうので、回線も混雑してしまいます。

北京空港のフリーWiFiは、パスワード発行から登録にも時間がかかり、接続出来ても遅いので実質使いづらいのです。

北京のフリーWiFi事情はなかなか厳しいのが現状です。

北京の空港でwifiはレンタルできる?

北京ではインターネットやフリーWiFiの制限が面倒なので、現地でポケットWiFiを借りたくなると思います。しかし、北京でWiFiをレンタルするのは言葉の壁がありハードルが高くなります。北京の空港内のショップ店員は思っている以上に英語が通じません。空港以外のショップ店員もほぼ中国語。英語で話しかけても中国語で返ってきます。
中国語に自信がある人でなければ、北京でWiFiを借りるのはやめておいた方が良いでしょう。
もし何とかWiFiをレンタルすることが出来ても、説明書は適当な英語と中国語の説明文なので、設定がうまくいかない場合とても困ります。北京旅行中ずっとWiFiが使えずネット難民になる事も…ネット中毒の人にはキツイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA